風見鶏が示す道

大人になりきれない社会人がおくる日常を書いていきます。

今週のお題「部活動」

今週のお題「部活動」

おはようございます!
前回にはNintendoSwitchの話をすると言っていました。
しかし、今回は例外としてお題「部活動」の話をしていこうと思います。

社会人になると、「部活動」という響きが懐かしく思えてきますねぇ。
私は中学・高校・大学でそれぞれ違う部活に入りました。しかし、当時その中で自分で一つだけ決めていたことがあります。

それは『必ず部活に入る』ことでした。

こんなことは当たり前だと言う人も多いと思います。
しかし、重要なことだと私は思うのです。

部活動は学生でいる間において、上下関係や同期の人との関係といった人間関係を学ぶことが出来る重要な場だと考えています。

上の人に対して敬語を使わずに話す人。(上下関係でのやり取りが出来ない人)
相手の話の流れを聞かずに、全く関係のない自分の話をひたすらに続ける人。(同期間で嫌われてしまうタイプの人)

私の研修先でこういった人を見ますが、学生時代の人間関係とか部活動は何だったのかとか気になってしまいますね。

上下関係をしっかりと保つことや話の流れを意識したコミュニケーションは、複数の人間が所属する場所において養われるものだと思います。
そして教室だけでは学べないものが部活動にはあるはずですし、部活動に尽力することで知識や忍耐力がつくこともあるわけです。
ですので、『私は』部活動に所属することはとても重要だと思います。

『私は』と言ったように、これはあくまで個人的意見です。
入らないのもまた一つの選択肢です。
興味ない部活に無理やり入ったところで辛いだけですからねw

ですが少しでも興味を持った部活があるならば、そこに入ってみてはいかがでしょうか?

技術や知識、そして人間関係について学べるものがあるはずです。