風見鶏が示す道

大人になりきれない社会人がおくる日常を書いていきます。

絵を上手く描ける人って凄いと思う

こんばんは!
さて、今回は周りの人を見て「絵が上手に描ける人って凄いなぁ……」と思う理由を記事にしていきたいと思います。

まずこんなことを思ったきっかけから触れます。
私と同じ会社の同期に絵(キャラ絵)が上手い人がいまして、その同期が自分の描いた絵をきっかけにして友達の輪を広げていく光景をここ最近見ていました。
いやぁ……人間関係構築において気を惹くものって重要ですよね。

また、中学の頃からの友達には油絵に挑戦している人もいまして……その人も絵が上手です。
主に物体や風景といったものを描いていますね。

ちなみに一言加えますが、私はDTM(パソコンで曲やBGM作り)をしている人です(この辺は後々の記事で触れると思います!)。ですので、絵ははっきり言って人(キャラ)も風景も描けないヘタクソです。
そうでなければこんな記事は書きませんねww

ここからは、そんなヘタクソな私が絵が上手い人を凄いと思う理由(本題)に触れていきたいと思います!

私は絵が上手い人の凄いと思うポイントは三つ考えていまして、それぞれ一言ずつ書いていこうと思います。
人によってもっとあると思いますが、絵について何も知らない人なんだなと思って、暖かい目で見守っていて下さい……。

まずは『観察力』です。
何か一つのモノを見た時に、どういった形や色をしているのか等の観察が的確でなければ絵は上手く描けないと思います。
観察が下手だと絵の完成イメージが掴めませんからね。
この観察力は絵以外でも活かされていると思うんです。
絵が上手い人は人間観察の鋭い人が多くて、『この人はこういう人なんだな』という判断が速くて正確な印象があります。

次に『想像力』です。
絵が上手い人はこれからどういう構図で描いていくのかを想像することが的確に出来ている人だと思っています。
誰にでも出来そうですが、私には出来ないですね……。
視点はどうなっているのか、この部分は見えているのか、奥行きはどのくらいか……など。
考えることが多いんですよね。
特に何かオリジナルで生み出す人は想像力がある人ですよねぇ。
凄いです。

そして最後に『技術力』です。
何かモノを観察して得た知識(オリジナルも模写も元となっているモノがあるはず)を元に、絵の完成イメージを想像して……
実現してみましょう!!
でも、どうやって表現すればいいんだ??
……となっていては描けないですよね。
そんなわけで頭の中で構築されたイメージをアウトプットする力が必要なんですねぇ。
こればっかりは色んな人の絵を見て、何枚も描く努力を重ねていくしかないのかなぁ……と。
また、この力は絵以外の所でも重要ですね。
文章であればアウトプットする語彙力が必要ですし、プログラムならばアウトプットするプログラミング言語の知識が必要となりますから。

以上、ド素人の意見でした!!
大分短くし過ぎた意見かと思いますし、今の気分で書いているだけなので伝わるかどうかは疑問です……。

ちなみに私は絵を「人に伝わる程度」には上手くなりたいと思いますが、DTMが楽しいので今はそっちに傾いていますw

人を羨ましがらせるような特技というのは、経験や努力が詰まってるものですから、そう簡単に習得出来るものではないものです。

だからこそ『これだ』という武器(特技)がある人って……凄いと思います!!

今回の記事。
実は最後の一言を言いたかっただけなんですよ……。